鬼滅の刃4話ネタバレと感想・あらすじ!炭治郎日記・前編

自分たちを喰おうとした鬼にさえ優しさがが消えない炭治郎(炭治郎)を見て

鱗滝左近次(うろこだきさこんじ)は

もし禰豆子(ねずこ)が人を喰ってしまったら

禰豆子を殺し、自分も腹を切れ!

と、一緒にいることに対して責任と覚悟を持つことを諭します。

 

炭治郎の意志の確認をした鱗滝は

鬼殺の剣士に相応しいか試験を課し

炭治郎はボロボロになりながらもなんとかクリア。

 

ついに、鬼殺の剣士となるべく、炭治郎の修行が始まります。

 

←前話 全話一覧 次話→

 

それでは、週刊少年ジャンプ2016年14号に掲載されている鬼滅の刃4話「炭治郎日記・前編」のネタバレと感想をお届けします!

 

鬼滅の刃4話「炭治郎日記・前編」のあらすじ

炭治郎は鬼殺の剣士になるために

鱗滝左近次との修行に励みます。

 

1年経ったある日、突如 鱗滝から「これ以上教えることはない」と告げられ

自分の背をゆうに超える丸い石の前に連れて行かれます。

 

そこで「この石を斬ることができたら”最終選別”に行くのを許可する」

と最終試練を言い渡される炭治郎。

 

鱗滝から教えてもらったことを毎日繰り返し鍛錬するも

まったく石が斬れそうな気配もなく、焦る炭治郎の前に

狐の面を付けた謎の人物が立ちはだかります。

 

この人物とは一体・・・?!

 

鬼滅の刃4話「炭治郎日記・前編」のネタバレと感想

<鬼殺隊>
・隊員数:およそ数百名
・組織:政府から正式に認められていない
・創設:古の時代
・統率者:不明
<鬼>
・主食:人間
・出生:いつどこから現れたのか不明
・身体能力:高い。傷などもたちどころに治る
・異能:身体の形を変えたりする鬼もいる
・弱点:太陽の光か特別な刀で頸(くび)を切り落とすと死亡する

 

育手(そだて)」は剣士を育てる役割の者で

鱗滝左近次を含め、”育手”は沢山いること、

それぞれの場所ややり方で育てていることを炭治郎に話します。

 

また鬼殺隊(きさつたい)に入るためには

藤襲山(ふじかさねやま)”で行われる

”最終選別”で生き残らなければならないこと、

”最終選別”を受けていいかは鱗滝が決めることを告げました。

 

だやん
鱗滝左近次に弟子入りしたからといって、みんながみんな鬼殺隊に入れる訳ではないんですね~。”最終選別”とは一体どんなものなのか気になります!

 

炭治郎は”最終選別”で死なないために鍛錬を積むことに。

 

毎日毎日山下りを繰り返すうち

体力が上がり、鼻が前よりも鋭く匂いを捉えるようになったので

随分罠を避けられるようになりますが

 

罠の難易度はどんどん上がり、

炭治郎を殺す気満々かのようです。

 

更に、刀を持って下りると罠にかかりやすくなり

山を下りると、腕がもげそうなほど素振りを何百回もブンブン繰り返します。

 

受け身の練習や

(完全に転がし祭)

 

刀を持って鱗滝さんに挑んだり

(素手・丸腰の鱗滝にまったく敵わない)

 

呼吸法の練習

(腹に力が入ってないと怒られる)

 

・・・など、やられっぱなしの炭治郎でした。

 

そうこうしている間に半年が経ちましたが

その間ずっと禰豆子は眠ったままでした。

 

だやん
眠ったままの禰豆子、このまま目覚めないのかと不安になりますね…。

 

狭霧山(さぎりやま)に来て一年後

鱗「もう教えることはない

炭「えっ

突如、鱗滝は炭治郎に告げます。

 

そして、鱗滝は炭治郎の身長よりも大きな丸い岩の前まで炭治郎を連れて行き

この岩を斬れたら”最終選別”に行くのを許可する

と伝え、それ以降、鱗滝は炭治郎に何も教えてくれなくなりました。

 

それからというもの、炭治郎は鱗滝に教えてもらった

息止めや柔軟などを毎日繰り返し岩斬りにチャレンジしますが

岩はうんともすんとも言わない状況のまま半年が過ぎます。

 

鍛錬が足りない!と思った炭治郎は

もっとやらないと!もっと!と焦りながら、不安を打ち消すように

頑張れ俺!!頑張れ!!!

と連呼していると・・・

 

うるさい!!!!!

 

突如、狐の面をした人物が大きな岩の上に現れます。

 

狐の面の人物は木刀で炭治郎に襲いかかり、蹴散らします。

 

鈍い

弱い

未熟

そんなものは男ではない

 

と言って、狐の面の人物は炭治郎の前に立ちはだかったのです。

この人物は一体何者なのか・・・?!

 

まとめ

剣士を育てる”育手”である鱗滝左近次に学びながら

自分の背丈より大きな岩を斬ることを

”最終選別”にいくための条件とされた炭治郎。

 

半年経ってもぜんぜん斬れず焦る炭治郎の前に

毒舌な狐の面の人物が現れます。

 

この人物は敵なのか?それとも味方か?

 

次回も目が離せませんね!